×

予約するお店を選んでください。

葛西店 千葉駅前店
お問合わせ
×

予約するお店を選んでください。

葛西店 千葉駅前店

リバウンドしないダイエットへ
体重を減らすことだけが
ダイエットではありません

真面目に追い込みすぎず、ある意味、ゆるくダイエットをする

ダイエットに失敗する人に、共通点があるということをご存知ですか?

痩せない原因は、ダイエットに「真面目すぎるから」なんです。

  • ・毎日欠かさずに体重計に乗っている
  • ・19時以降は絶対に食事を取らないようにしている
  • ・1日の決められた摂取カロリーを超えないように、食品は必ず裏面をチェックしてから買う

一見すると、これだけしっかり取り組んでいるんだから、良いことだ! と感じてしまいますが、
実はこのストイックさが、ダイエットの成功を遠ざけているのです。

その理由は、

  • ・大きなストレスを感じて継続できないこと
  • ・目の前の数値に惑わされて正しいダイエットができないこと

この2つにあります。

例えば体重を計って、昨日より500g体重が増えていたとします。

これって、排便しているかいないかの差だったりするので、長期的に見るとそんなに重要ではありません。
でも本人にとっては、大ショックです。こんなにがんばっているのに増えたと。

しかし、正しい知識を持っていれば、ここで挫折しなくて済みます。
Body Baseの提供するダイエットでは、まず筋肉をしっかりつけて、代謝を高めることで、長期的に痩せやすいカラダをつくります。
目の前の数字だけを見て、「増えてしまったから、もっと食べないようにしなくちゃ」とやってしまうと、本来必要な筋肉までつかなくなり、代謝も上がらず、悪循環に陥ってしまいます。

数値は、1ヶ月単位のレベルで比較することを推奨しています。
大切なのは、一時的に体重を減らすことではなく、長くベスト体重をキープできる正しい習慣を手にすることです。

私達は、本質からズレているダイエット方法ではなく、無理なく長期的に結果を出せる方法を提供したいと考えています。
大切なのは、一時的に体重を減らすことではなく、ずっとベスト体重をキープできる正しい習慣を手にすることです。

それこそ、リバウンドしないダイエットです。

真面目に追い込みすぎず、ある意味、ゆるくダイエットをするくらいの気持ちで取り組んで頂いています。

Body Baseが考える理想のダイエット

ダイエットの目的って本来は「昔着れた服を着れるようになりたい」「美しいシルエットになりたい」といったことだと思うのですが、それが途中で、体重を落とすことに目的がすり替わってしまうんです。
特に日本人は、「女性は体重は40kg台じゃないといけない!」といったように数値にこだわりすぎる風潮があります。
でもそれが本当のゴールなのでしょうか?
例えば、ある一定期間炭水化物を食べないで、10kgの減量ができたとします。
元の食事に戻して、しばらくの間減った体重がキープできて1年後に体重を測ったら15kg太っていた。
果たしてこのケースは本質的な成功といえるのでしょうか?

極端な糖質制限を行うことで、短期的に大幅な減量は可能です。
でもそれで健康を害したり、必要な筋肉まで落ちてしまい、貧相な体型になってしまったり。
これでは目的を達成していることになりません。

Body Baseでは、

  • ・代謝に影響をする骨格筋量が維持、向上できていること
  • ・極端な食事制限を継続しなくても体重が維持できていること

この2つが揃っているものが、理想のダイエットだと考えています。

大事なことは、効果的なトレーニング+食事のバランス

まずは、トレーニングについてです。

より効果的なトレーニング、引いてはより効果的なダイエットを実現するために、BodyBaseではきちんとトレーニングを行うための姿勢・動作を身につけていただくことを重視しています。

姿勢・動作を改善するには関節の働きについて考える必要があります。
関節の働きには大きく分けて「可動性(モビリティ)」と「安定性(スタビリティ)」があり、まずは適切な可動性を身につけていただくことを優先しています(モビリティファースト)。

現代の生活ではPCやスマホで作業する方も多く、猫背で頭が前方に位置した不良姿勢をよく見受けます。
例えば、このような姿勢の方が背中のトレーニングを行う場合、このままの状態では胸を張った姿勢で動作を行うことが困難なため、背中の筋肉を適切に働かせることが難しくなります。

そこで必要になるのが関節の動きを適切な状態に戻すアプローチです。
硬くなった関節周辺の筋膜や筋繊維をほぐし「リセット」し、ストレッチを行って伸張することで正常な可動域を獲得していきます。

その次の過程は「安定化」です。主に安定性が重要な関節の働きを改善していきます。
特に体幹部(コア)の安定性は重要です。

その後の流れでは、普段使いづらくなっている部位を「活性化」し、左右のバランスを整え、全身の「協調性」を高めるパートを経てストレングス(筋トレ)を行っていきます。

すぐに筋トレを行うのではなく、FMS(Functional Movement Screen)等で個々にお客さまの状態をチェックすることでよりお客さまの状態に適したエクササイズを選択し、効率的なトレーニングが可能となります。

続いては、食事面です。実際にダイエットに挑戦された方の食事の内容をご欄ください。

お米も食べてしますし、11/6は夜に焼肉を食べています。この方はお酒もお好きだったので、ビールなども飲まれていました。

  • タンパク質:糖質:炭水化物 = 2:2:6

つまり、大切なのは食事のバランスです。

そのバランスを保った食事をしてもらい、1ヶ月ごとの体重や体脂肪のデータの変化を見て、量を減らしたり、バランスを変えたりします。
一時的に体重は減ったとしても、栄養のバランスを崩し、リバウンドの原因になるので、極端に炭水化物をカットしたりはしません。
そのうえで、食事指導も、「教える」のではなく、その人にベストな食事を「一緒に見つけていく」というスタンスで行います。
人によって反応しやすい食事も違いますし、好き嫌いもあります。また、現代の食生活においては、コンビニの食事も避けては通れない方も多く、誰に対しても同じ食事指導はできるはずがありません。
一度バランスを覚えれば、Body Baseを卒業したあとも、自分で正しい食事を維持することができるはずです。

Body Baseのトレーナーにご相談ください

自己流のダイエットでは、自分がやっていることが正しいのか間違っているのか、結果がいつ出るのか、わからない中で頑張っているようなものです。
真面目な人ほど、「もっとやらなきゃ」と追い込んでしまい、それが悪循環を招いてしまう。
専門家と一緒にダイエットをするという選択をしてください。
余計な迷いをなくし、正しくダイエットに集中できる環境をつくることができれば、必ずダイエットの成果は出ます。
ぜひ、Body Baseトレーナーにご相談ください。